読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's take a rest

ランドセルや日々のアレコレをお話ししてます。休憩気分でご覧ください。

Hello.

What do you say to having a coffee break?

入学前にもう一度

前回のブログから20日!!

もうこんな気持ちです。。。

f:id:nomura-randsel:20170210125113p:plain

『うぉ~気にすることないっすうぉ~』

 

ちょっとふざけました。どんだけつまらんネタやねんとか突っ込まないでください。ただ入学前のお母様もたまにはこのくらいユルイ時間を持って過ごせるといいなと思います。

 

前回ブログでパンフレットが…と書いていましたが、バタバタと決めなきゃ!としている最中、息子がインフルエンザAをもらってきまして先週は午前中しか出勤しないというイレギュラー勤務、亀のごとき進捗状況でパンフレット進行していました。

たまたま仕事の都合で1週間休みだった相方が病院や午前中のお世話をしてくれたので、亀並みと言えど進めることができ本当に良かった。相方には感謝です。

 

本当は書きたいことが、色々あるのです。入学前のコト、パンフレットのコト、展示会のコト、卒業(ランドセルのその後)のコトなどなど、ですが文才のない私は内容をまとめることに時間がかかります。なので牛歩の更新で今後も書こうと思います。

 

では今回のタイトル~入学前にもう一度~について

f:id:nomura-randsel:20170210130850j:plain

お子様の悲しい顔や困った顔見たくないですよね。

子供に限らず、そういう顔は見ないにこしたことはありません。なので私はランドセルを使うにあたり、悲しいや困るという気持ちになる人が少しでも減るよう今回のお話を書きます。

 

小学校入学!新しい環境やお友達!

ここで起こりやすいのがランドセルの傷です。1年生は交通安全の黄色いカバーを付けられる学校も多く、カブセ(蓋)には起こりにくいのですが、全ての学校がそうではありませんし、せっかくのランドセルを隠すカバーを嫌がる方もおられます。ランドセルが丈夫になった、品質が上がったとはいえ、鋭利なもので傷がつくこともあります。傘でつつく(たたく)、鉛筆で刺すなど休み時間や登下校で大人ならば『エッ!』と驚く行動もお子様はまだまだする可能性あります。

うちの子のランドセルはキズに強いから大丈夫!と思うだけでは足りません。お友達は違うかもしれません。

うちの子はおとなしいから大丈夫!本当ですか?お母様が見ていないところで、お友達のまねっこして遊んだりしないでしょうか?

昔はランドセルが今ほど高くなく、大人の価値観感も「子供のことだからお互い様」が多かったようです。昨今は時代の流れや環境の変化で傷などの時に被害者・加害者という考え方がより強まる傾向にあるように思えます。そして思い入れの強い高級ランドセルを持っている子もネットの普及で周りには沢山います。

自分の子供が自分のランドセルに傷を付けたら、怒ったり、諭したり、文句つけたり、諦めたり、どれをしても、親子間で終わる問題ですが、自分の子が人様のランドセルを傷つけたら…しかも限定モデルの高額ランドセル…ぞっとします。

f:id:nomura-randsel:20170210153910j:plain

まぁケガをさせなくて良かったと喜ばないといけないのでしょう。。。

 

そんな気苦労、できれば避けて通っていただきたい。

最悪、子供が加害者にならないようにしてあげでほしい。

 では、どうするか・・・

今まで教えてきたであろう、物を大切に。人にやさしく。人を傷つけてはだめ。などをもう一度伝えましょう。

ランドセルを渡すとき「大切に使ってね。」と伝えますよね?アレみんな言うんです。お見送りするお子様で、言われなかったお子様はいないんじゃないか。というほど、誰もが言う台詞です。

1人が持っているランドセルは

1人以上が「大切に使ってね。」と

思い、伝え、贈ったものなのです。

それをお子さんにちゃんと伝え、ルールを決める。

ルールを決めるときには、わかりやすく。

物を振り回さないやランドセルは置いてから遊びに行くなど、簡単で守りやすく。

お子様の行動を見ながら人それぞれに。

そして物が傷つく行為の先には人が傷つく場合がある。

 

書きながら、自身でも微妙な気分です。

私の場合(息子)で言えば「男の子何だからちょっとのケガやキズぐらい。」という気持ちがあるからです。幼いころから色んなことに注意を払いのびのびと成長できるのだろうか?周りの親との価値観が同じであれば、こんなに気を使わなくていいのか?子供は一人一人違い、親や祖父母、先生も、皆感じ方、考え方が違い、家庭により教育方針が違う。

なのでここに書いてあることも、読んだ誰かとは全く合わない意見かもしれません。

ただ、もし皆が帰宅途中に傘を振り回す戦闘ゴッコ遊びをせず、一度家に帰り戦闘ゴッコ用の新聞紙丸めた剣(←古い)とかで遊べばケガや傷は減るかな~。そんな感じです。

不安になり、重くとらえるのではなく、子供に大切に使わせるためどうするか?やお友達と楽しい小学校生活を過ごすためにどうするか?を考えて入学準備を一緒にしながらお話ししてください。

 今回はまとまりのない文となりました。

次はもうちょっと頑張ります。

 

告知

www.ymg-official.com

3月1日から申し込み受付開始です!興味のある方は是非、YMGのFacebookに「イイね👍」をして新着情報を受け取って下さい~!!

 

 ではまた(・ω・)ノ

 

 

広告を非表示にする